ライフスタイルと働き方

看護師の仕事には、通常の企業でいう正社員扱いの常勤と、アルバイトやパートタイマー、派遣などのような扱いの非常勤という勤務スタイルがあります。
常勤は通常、働いている職場の勤務体制を全てこなさなくてはいけません。
入院病棟のあるような大規模な病院であれば、夜勤や日勤、早番なども全てこなさなくてはいけないため、肉体的にも精神的にも非常にハードです。
若くて、家族などに縛られることのない人なら、こなすこともできますが、家族などができて、育児や家事などもこなさなければならないような状況になると、常勤のスタイルではとても働きにくくなります。
病院側も、常勤の勤務体制で働くのが厳しいからといって職場をやめられると看護師不足に陥る可能性もあるので、非常勤の職員を雇うことになります。
アルバイトの看護師は、常勤の看護に比べると収入はかなり少なくなります。
給料自体は、同じ勤務時間働くとそんなに違いはないのですが、常勤の場合は社会保険に入っているので、保険料は給料から天引きされますが、アルバイトの場合は旦那さんの扶養控除の範囲内で働いているのではない場合は、国民保険に加入することになり、もらった給料から自分で払う必要があります。
また、ボーナスも支給されませんし、どんなに頑張っても昇格や昇給がない場合が多いです。
しかし、家族などがいる場合は、自分の働ける時間帯を条件に働くことができるため、常勤に比べると、時間などに余裕も生まれます。
若いうちは常勤で働き、年を取って家族ができたらアルバイトなどで働くという看護師が多いようです。また、状況によっては短期アルバイトという選択肢もあります。ライフスタイルに合わせて働き方を選ぶのが良いようです。

◆参考サイト◆
http://xn--u9jxfme4a2983c7hle90azqbf08f.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>