看護師の人手不足と雇用形態

慢性的な人手不足という深刻な状況を抱えている看護師。
もちろん看護師を必要とする病院などでは人数確保のためにいろんな手段を講じています。
ただでさえ過酷な中にも精密さを必要とされる看護師の仕事は、勤務時間中は心身ともに休まらない状況です。
そこに人出不足の状態が重なると、看護師一人一人にかかる仕事の負担が増え、看護師の仕事はますます過酷になっていきます。
しかし、看護師はこの先もさらに需要の高まる仕事です。
「医療と介護の現場に不況はない」という言葉をよく耳にします。
不況が長引いた折、介護の仕事に、仕事を失った人たちが押し寄せたものです。
しかし、看護師の仕事も、介護の仕事も、専門性が高い上に、興味がなければ長続きしない過酷な労働です。
そういった意味で看護師を雇う病院側はいろんな手段で看護師を雇用するのです。
まずは正職員。
若くて、結婚したり子供もいない看護師は収入も高いこの職種を選ぶことが多いです。
そしてアルバイトやパート職員、または入院病棟のないクリニック勤務
ある程度フルシフトで何年か働き、看護の仕事にも余裕が出てくると、結婚を考え始める女性も増えます。
また、それに伴って旦那さんや子供といった家族が増え、生活が不規則だと困ることも出てきます。そうなると、日勤だけや夜勤だけ、などといった時間指定でアルバイトやパートタイマーとして勤務することもあります。短期アルバイトという手段あります。
また、派遣看護師という形もあります。
育児などでしばらくブランクが空いたから、最初からフルタイムで働くには抵抗があるなどといったときは派遣会社に登録してみましょう。
派遣会社がその人の働きたい条件に合った職場を見つけてくれます。
短期勤務や長期勤務など、自分に合ったスタイルで働けるのが人気です。
ただし、派遣はあくまでも派遣で、勤務している病院で雇ってもらっているわけではないので、年金や保険料は貰った給料から自分で支払わなくてはいけません。
また、知らない場所でも看護師として即戦力にされるという点で、人見知りが激しいとなかなか他の職員と打ち解けられないという不安もあるようです。
メリットとデメリットを念頭において、自分はどのスタイルで働きたいのかを考えてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です