看護師の雇用形態

看護師の仕事はとても大変です。日勤と夜勤をシフト制でこなさなくてはならず、常に人の命に関わる仕事だということを意識しなければな
りません。休みが取りづらく土日祝日関係なしの不定休であれば、中々遊ぶ予定も立てられなかったり自分の体を休めることも出来なかったりするので、疲れもたまります。患者とのコミュニケーションも取っていかなければならないのでそれがうまくいかなかったり、職場の人間関係もあるので精神的にもストレスがたまりやすいです。もちろん患者の回復を目の当たりに出来るのでそれがやりがいに繋がりますが、それでも労働環境についての悩みはつきものです。そういった環境であるので、結婚したり出産した看護師は仕事を続けるか非常に悩みます。家庭や育児と仕事の両立が出来るか不安に思うのです。仕事を続ける場合は家族をはじめ周囲の理解と協力が不可欠ですし、自分もとても頑張らなければなりません。ですので、そういった看護師はパートやバイトなど常勤ではない働き方を選択する人もいます。クリニックや病院以外で働くひともいますが、現場から離れてしまうとスキルや感覚なども忘れてしまうので、それは避けたいと思う人が病院で非常勤として働く道を選択することが多いです。シフト制なので自分の都合で入れるし、残業も少ないのでプライベートの時間を作ることが出来ます。また、一定期間だけ短期バイトとして働く方法もあります。そうした雇用形態で働くには周りの環境も大事なので、自分のほかにも非常勤で働く人がいる病院で働くといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です